Issue 25 - Fall/Winter 2022-

This issue features twelve knitwear designs created with special attention to silhouette and pattern in subdued shades. Photographs were taken on location at the recently renovated Kyoto City KYOCERA Art Museum. Paired with the magnificent architecture of the museum, each design is truly a work of art.


Participating designers: Alice Caetano / Bérangère Cailliau / Bristol Ivy / Hiromi Nagasawa / Karel Chan / Ksenia Naidyon / Miki Teragaki / Miyuki Watanabe / Paula Pereira / Ronja Hakalehto / Teti Lutsak / amirisu



Feature: Special Interviews on Fashion &Knitting

We talk to designers and business owners who have combined their passion for handknitting, fashion, and creativity to create successful businesses.

Plus, a project from Lori Ann Graham, a machine-quilted cushion cover project, an introduction to kintsugi, and more!

A4 size, 130 pages
Printed in Japan.

Download Code: A Ravelry download code for the entire magazine is printed on
an inserted card.

Purchase a copy from a local stockist or directly from amirisu here:
North America
Rest of the World

- - - - -

創刊から10周年を迎えた今号には、シルエットや模様にこだわった、落ち着いた色味の作品が計12点集まりました。
撮影地はリニューアルオープンした京都市の美術館。まるで芸術作品のように美しく、荘厳な建築に映えるニットばかりです。

現在予約受付中です。発売日当日もしくは一番早い日程で入手されたい方は、ご予約をいただくことをおすすめします。

参加デザイナー:Alice Caetano / Bérangère Cailliau / Bristol Ivy / Hiromi Nagasawa / Karel Chan / Ksenia Naidyon / Miki Teragaki / Miyuki Watanabe / Paula Pereira / Ronja Hakalehto / Teti Lutsak / amirisu


特集:Special Interviews on Fashion &Knitting

手編みとファッション、クリエイティビティへの情熱を融合させてビジネスを成功させたデザイナーやオーナーにお話を伺っています。

その他コンテンツ:ミシンキルトのクッションカバーの作り方、かぎ針編みのバスケットの作り方、ロリさんの手作りプロジェクト、日本の金継ぎの紹介など


A4サイズ、130ページ。Ravleryのダウンロードコードが付きます。
パターンは全て日本語文章パターン及びチャート。編み図ではありません。

*日本語版と英語版ではカバーが異なります。

こちらから購入可能です。


Older Post Newer Post