Featured: Moonlight by Megumi Sawada

We are so excited to release our newest issue of amirisu magazine next week. It is full of spring-summer knits! But before that, we would like to introduce a very talented designer from Issue 15.

Megumi Sawada lives in Tokyo, and while working as a system engineer during the day, she is obsessed with knitting. She often visits us at WALNUT Tokyo, and we always have a lovely time talking about yarns and what not. So, lets start the interview!  

amirisu: What was the inspiration for Moonlight?

Megumi: I've always loved the feel of Woolfolk Får, and wanted to make a sweater out of it. I started designing Moonlight, aiming for the simple and clean-cut sytle that I like. Får has a texture by itself, so I tried to design a sweater which is simple yet stylish. I spent quite a bit of time on swatching to achieve the look.  

amirisu: If you were to knit with another color, what would it be?

Megumi: Får in color #02! Of course I love the black color in the magazine, but would like to see how it would knit up in a lighter color.  

amirisu: When did you start knitting?

Megumi: When I was 10 years old, knitting was featured in a craft book that I had, and wanted to try it out. My mother only does crochet, so I learned how to knit and purl from my mother's friend, and from there I knit a sock from that book. Following the instruction, I remember being so impressed when the heel of the sock turned up.  

amirisu: Were you knitting with Japanese patterns at the beginning? And if so, has anything changed since you found foreign designs and Raverly?

Megumi: Until 2012, I only used Japanese patterns, which usually have only one size. Because I am taller than an average Japanese woman, everything turned out so small, that I always had to give it to my family and friends. But in 2012, browsing through the Internet, I came across Raverly, amirisu, and some hand dyed yarns, all almost at the same time. Discovering that size M in most of the patterns fit me, I was so overwhelmed with happiness, that I haven't stopped knitting since then. It completely changed how I spend my time. If I hadn't found Raverly or amirisu, I probably wouldn't have fallen into knitting as much, and most likely had not thought of designing either.  

amirisu: Is there a place or a shop you'd recommend to visitors to Tokyo?

Megumi: I'd definitely recommend WALNUT Tokyo. It's a lovely space with a wide range of yarns. And if you walk from Omotesando station, it's fun to see all the interesting shops on the way too. Another place I like is Asakusabashi. There are all kinds of craft shops, such as beads and leather goods, and you could have fun just walking around that neighborhood. As for places to knit, me and my friends tend to knit at Starbucks and cafes. It is so relaxing and refreshing to knit while drinking coffee, isnt' it? (Although, if you stay too long, you might get kicked out?). If you see someone knitting away at a cafe, it can be me! I would be really happy if you ask me "what are you knitting?"  

amirisu: Thank you Megumi for your time. I hope to see your new designs soon!

     

いよいよ来週には最新号リリースです!どんな春夏のウェアやアクセサリーが揃っているのか、私達もとても楽しみにしています。

今週はamirisu15号MoonlightのデザイナーであるMegumi Sawadaさんをご紹介します。システムエンジニアとしてお忙しく働く傍ら編み物に熱中し、WALNUT Tokyoにもよくいらして下さいます。いつも糸のことや新しいデザインのことなど、楽しくお話させて頂いています! では、インタビューを始めたいと思います。  

amirisu: Moonlightのインスピレーションはどんなところから得ましたか?

Megumi: 前からWoolfolkのFarの質感がとても好きで、この糸を使ったセーターを作りたいなぁとずっと思っていました。自分が好きなファッションが、シンプルでちょっとかっこいい感じがするスタイルで、それを実現したいなと今回のMoonlightを考え始めました。糸に特徴があるので、セーターの形や模様はシンプルに、でも一枚着ているだけでおしゃれな感じのセーターにしたいなぁと、スワッチをいくつも編んで、今回のデザインになりました。  

amirisu: もしご自分用にもう1着編むとしたら、何色にしますか?

Megumi: Farの02、ライトグレーで編みたいです。サンプルの05の墨黒もカッコいい感じでとても好きなのですが、淡色だとまた違った印象になるのじゃないかと思って。  

amirisu: 編み物を始めたきっかけは何でしたか?

Megumi: 10歳の頃に、子ども向けの手芸の本に棒針編みが載っていて、やってみたいと思ったのが始めです。母はかぎ針編みしかしなかったので、母のお友達に表目と裏目の編み方だけを教わって、あとはその本を読みながら、靴下を編みました。説明通りに編んだら、かかとがちゃんとできて、感動したのを覚えています。  

amirisu: 最初は日本の編み図で編まれていましたか?その場合は、海外パターンやRaverlyに出会ったことで何か変わったことはありますか?

Megumi: 2012年までは日本の編み図で編んでいました。日本の編み図は大体1サイズのみで、おそらく海外パターンのSぐらいなのですが、私は日本人としては背が高くて身体が大きいので、編み図通りに編んでは、着れなくて家族や友達にあげる、というのを繰り返していました。2012年末にインターネットを徘徊していて、Ravelryとamirisu、手染め糸にほぼ同時に出会いました。その時に海外パターンのMサイズで編むと自分の身体にぴったりだと発見してからは、嬉しくて自分のものを編みまくり、完全に編み物中毒になりました。それまでの生活とは全く時間の過ごし方が変わりました。きっとRavelryやamirisu、海外パターンに出会っていなかったら、今ほど編み物はしていなかったと思うし、自分でデザインをしてみようとも思っていなかったと思います。  

amirisu: 海外から来日するニッターさん達にオススメのお店や場所があったら教えて下さい(都内でも、ご実家近くでも!)

Megumi: おススメのお店はWALNUT Tokyo です。お店自体も雰囲気よくて品揃えも良いのでおススメですが、表参道の駅からお店までの道沿いにいろんなお店があるので、ウィンドウを見てるだけでも楽しいです。あとは浅草橋でしょうか。毛糸屋さんもありますが、ビーズパーツのお店や革製品などの手仕事の小さなお店があったりして、少し歩き回るだけでも結構楽しいです。 編む場所としては、編み物友達も私も割とスターバックスコーヒーやカフェで編んでいます。コーヒーを飲みながら編むのは、気分転換にもなるしおすすめです(あまり長時間いると追い出されるかもしれませんが)。カフェですごい勢いで編んでいる人がいたら、もしかしたら私かもしれません。何を編んでいるの?と声をかけてもらえたら嬉しいです。  

 

Megumiさんありがとうございました。次のデザインも楽しみにしていますね。


Older Post Newer Post