Aviate by Karel Chan

Today we're talking with Karel Chan, the designer of the compact cowl Aviate in Issue 25. Her design uses two different yarns and two different stitch patterns. When worked in similar colors like our tone-on-tone sample, this creates a chic, low contrast look that subtly highlights the different textures of each stitch pattern.

amirisu: What was your inspiration for this design?
Karel: I love playing with unexpected lines and angles while still preserving the stability and integrity of a given piece. With the theme "sculpture," I thought of the sharp lines of modern sculpted art and knew I wanted to find a way to incorporate that shaping into an elegant neckwear accessory.

amirisu: What, if any, challenges did you encounter during the design process?
Karel: The movement and gauge of the two textures used in the piece -- garter stitch and herringbone stitch -- are very different from each other! Determining the correct ratio of one fabric to the other, then finding an edging that would tie them together without detracting from the cohesiveness of the look as a whole, took some experimenting. Ultimately, the i-cord edging worked out beautifully.

amirisu: If you were to knit this design in another color, what would it be?
Karel: I love the look of a rich olive green and mustard together. Conversely, light colors with low contrast would create an entirely different dimensionality; something like cream and dusty pink.

amirisu: How did you start your knitting journey?
Karel: I taught myself how to knit from a book about 12 years ago. As much as digital resources have become the norm since then, I still really love pouring over illustrated printed tutorials and stitch pattern books to continue to deepen my skills and experience.

amirisu: Do you have a favorite museum or work of art? Please tell us a little about it.
Karel: I don't often go to museums, actually! I do have very fond memories of visiting the Philadelphia Museum of Art when I was in college in the outer Philly area, with its famous Rocky movie steps and regal architecture. Aesthetically I tend to gravitate toward illustrative or ornate pieces, such as cut paper art and embroidery.

Thank you, Karel!

--
今日のインタビューは、ヘリンボーンとガーター模様の2つのピースを組み合わせた、コンパクトなカウルをデザインしてくれたKarelさんです。
小さくて使いやすく、コントラストの低い2色の組み合わせがオシャレです。

amirisu:  このデザインのインスピレーションはどこから得ましたか?
Karel: 作品の丈夫さと全体的なバランスを保ちつつ、予想もしないようなラインと角度で遊ぶのが大好きです。

彫刻というテーマを聞いて、現代彫刻の鋭いラインを思い浮かべました。その形を上品なネックウェアに落とし込みたいと思いました。

amirisu:  デザインの過程で、どんな苦労や工夫がありましたか?
Karel: ガーター模様とヘリンボーン模様という、この作品に使われている2つの編み地の動きとゲージがそれぞれ全く違ったことです!それぞれの編み地のバランスをどうするか、そして全体のまとまりを損なわずに2つのピースを組み合わせるエッジをどうするか、試行錯誤が続きました。最終的にはi-cordエッジがうまくいき、美しく仕上がりました。

amirisu:  もう一枚編むとしたら何色で編みますか?
Karel: リッチなオリーブグリーンとマスタードを組み合わせてみたいです。逆に、クリーム色とグレーがかったピンクのような淡くてコントラストの低い組み合わせだと、全く別の次元を創り出せるでしょう。

amirisu:  編み物を始めたきっかけは何でしたか?
Karel: 12年前に本を読んで独学で学びました。動画などのデジタルチュートリアルが主流になりましたが、イラストや図解が入ったステッチパターンの本を読みながら技術や経験を深めていくのが今でもとても好きです。

amirisu:  好きな美術館や芸術作品はありますか?簡単に紹介してください。
Karel: 実は、私はあまり美術館に行かないんです。

でも、フィラデルフィア郊外の大学に通っていた頃に訪れたフィラデルフィア美術館で、映画「ロッキー」で有名な正面玄関の階段「ロッキー・ステップ」や、堂々とした建物を見たのは良い思い出です。
切り紙アートや刺繍などの凝った作品や、イラストに惹かれることが多いです。

Karelさん、ありがとうございました。


Older Post Newer Post